うたかたの夢、日本最大の寺院だった上野の東叡山寛永寺

上野寛永寺

上野の寛永寺は、江戸時代には奈良の東大寺や法隆寺より大きな寺院でした。

その敷地は、最盛期には現在の上野公園の二倍もの敷地を有していたといわれています。

幕末上野戦争によりその建物のほとんどが焼失し、敷地は明治政府により接収されてしまいました。

上野公園を散策したり動物園で楽しんでいる時、かつてこの場所に大寺院が有ったなど想像もしていませんでした。

スポンサーリンク



上野寛永寺沿革

芝の増上寺と上野の寛永寺は、ともに徳川将軍家の菩提寺ですが増上寺は徳川家が江戸に来る以前から有ったものですが、寛永寺は完全に徳川家によって建立されたお寺です。

江戸幕府創建時に家康・秀忠・家光三代の将軍が、深く帰依した天台宗の天海大僧正の要望に沿う形で大寺院が江戸初期に建立されました。

寛永寺は山号を東叡山と言いますが、これは東の比叡山延暦寺という意味が込められています。

延暦寺は京都の鬼門の位置に建てられていますが、やはり寛永寺もまた江戸の鬼門の位置に建てられています。

江戸も京都も風水に基づいた都市設計がされています。

鬼門の位置に都市を守護するために大寺院を立てるのは重要なことで、寛永寺の重要性が当時最も高かったことがうかがえます。

寺の創建は1625年で、将軍は家光の時代となっていました。

上野寛永寺Picture

清水観音堂

清水観音堂

現在残っている寛永寺のお堂の中で最も目立つのが、この清水観音堂です。

この観音堂は、上野公園の中心にありお花見の時はとてもにぎわっています。

清水観音堂と言うくらいですから、京都の清水寺を模して造られたものです。

もちろんその規模は比べ物になりませんが、不忍池方面から歩いてくるとそれなりに立派なものです。

江戸時代に歌川広重が名所江戸百景に描いた「月の松」は有名ですが、現在でも再現された松が当時を想像させてくれます。

本物の「月の松」は明治時代に台風により折れてしまいましたが、平成24年に再現されました。

清水観音堂
2013年1月15日撮影

旧寛永寺五重塔

上野旧寛永寺五重塔
2018年6月19日撮影

旧寛永寺五重塔
2013年2月15日撮影

旧寛永寺五重塔は上野動物園内にあり、寛永寺の存在を知らない人にとっては何でこんなところにポツンと五重塔があるのと不思議に思ってしまいますよね。

この五重塔は、寛永16年(1639年)に出来上がり現在重要文化財に指定されています。

寛永寺境内

寛永寺山門

寛永寺かねつき堂

寛永寺根本中堂寛永寺根本中堂

旧寛永寺は幕末の上野戦争により大本堂は焼失してしまいました、現在の根本中堂は明治12年に川越の喜多院の本地堂を移築して再建したものです。

寛永寺を創建した天海大僧正は、もともと喜多院の住職をしてましたし喜多院自体徳川家の厚い庇護をうけていました。

このお堂は、明治に建てられたものではないのでこれはこれで立派なものです。

ご本尊は、伝教大師最澄が自ら掘ったと伝えられる薬師瑠璃光如来像(国指定重要文化財)で、これは秘仏とのことです。

徳川家綱霊廟勅額門

徳川家綱霊廟勅額門

上野大仏

上野大仏

上野大仏2

上野大仏  上野大仏4

上野大仏5  上野大仏6

西郷さんの銅像を右に眺めながら東京国立博物館に向かっていきますと、左側にヒッソリと「上野大仏」の看板が有ります。

看板の横の丘を登っていきますと、寛永寺の旧薬師堂本尊を祀っているパゴダ(仏塔)が有ります。

この仏殿の左脇に、上野大仏のお顔だけがさみしく祀ってあります。

この大仏は江戸時代の物ですが、関東大震災で頭部が折れ落ちてしまいました。

さらに第二次世界大戦の折には、軍による金属徴用により顔のみを残す現在の様相になってしまいました。

上野戦争を生き残ってきた大仏様です、在りし日の姿が戻りますよう祈ってきました。

不忍池弁天島と大黒堂

不忍池弁天島

弁天島大黒堂

天海大僧正はこの上野の地に京都周辺を再現しました。この不忍池は、規模は全く違いますが琵琶湖を模しており、琵琶湖の竹生島になぞられたのがこの弁天島です。

ただ模倣しただけではなく御本尊の八臂大辯才天(はっぴだいべんざいてん)は、竹生島の宝厳寺から勧請(かんじょう)したものです。

現在のお堂は昭和三十三年に再建されたものです。

この弁天堂は、谷中七福神の一つに数えられていますが、この大黒堂は谷中七福神に含まれていません。

こちらの大黒天は豊臣秀吉が大切にしていたという伝説があるようですが、何故江戸にあるかは公式HPには書いてありませんでした。

上野寛永寺基本情報

 所在地  東京都台東区上野桜木一丁目14-11
 電話 03-3821-4440
 山号 東叡山
 宗派 天台宗
 創建 寛永2年(1625年)
 本尊 薬師如来
 開基 徳川家光、天海(発願)
 アクセス 鴬谷駅から徒歩で10分
公式HP 寛永寺

まとめ

上野公園の奥深さに感動しました。

まだまだ寛永寺の足跡は多くあります、上野は行く機会も多いのでさらに写真を加えていきます。

今回上野に行った最大の目的は、上野動物園の「シャンシャン」を見ることでしたのであまり多くの寛永寺跡は見れませんでしたが、いずれさらに写真を加えていきます。

上野パンダ  シャンシャン

2018年6月19日撮影

※この記事は2016年9月24日に更新したものを、加筆修正した物です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク