都会のオアシス井の頭弁財天

中央線吉祥寺駅南口を出て、丸井の脇を抜けていくと徒歩5分くらいで井の頭公園があります。

井の頭池の西側最も奥に水源がありその近くに、この弁財天堂があります。

私は吉祥寺にはだいたい月一で買い物に行き、弁天堂にはちょくちょく足を向けています。

小さな境内ですが、ホッとできるスポットです。

スポンサーリンク



井の頭弁財天堂沿革

言い伝えではこの弁財天堂は古く、平安時代の天慶年間(938年-947年)源経基が創建したものと伝えられています。

鎌倉時代になり、源頼朝が再建したというからその歴史の深さに驚きます。

ただ鎌倉時代末期に新田義貞の鎌倉攻めにより焼失し、江戸時代三代将軍家光が再建するまでは荒廃した状態が続きました。

家光により再建されたお堂は関東大震災で倒壊し、現在のお堂は昭和初期に再建されたものです。

このお堂の弁才天像は、伝教大師最澄の作と言うからこれも驚きです。

伝教大師や弘法大師作の仏像のどこまでが、本物かは言い伝えなので分かりませんが信じることが信仰ですよね!!

井の頭弁財天堂Picture

宇賀神像

この宇賀神像にまつわる言い伝えによると、松原に鱗が3枚首にある娘が「我こそ弁天の化身だ」と叫び池に入水し白蛇になったという話が伝えられています。

その娘を供養するために、この宇賀神像が建てられたといわれています。

宇賀神は一般的にはあまり知られていない神様ですが、農業や穀物の神様で、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表されています。

中世の頃に弁財天とこの神様が、習合して宇賀弁財天となったそうです。

インドの神様と日本の神さが混じり、仏教に交わって行ったのですね。

七井不動尊

本堂から小さな橋を渡ると小さな祠にお不動様が鎮座しています。

龍頭の銭洗弁天

鎌倉の銭洗弁天に行かなくても吉祥寺で、お金を清めることができます。

さくらと本堂


桜の時期に池の対岸より撮影

この井の頭弁財天の本坊は、公園のすぐ脇にある大盛寺というお寺さんです。

こちらのお寺さんは、一般の参拝は受けていないようです。

井之頭弁天堂基本情報

 所在地 東京都三鷹市井の頭四丁目(井の頭公園内)
 メール inokashirabenzaiten@gmail.com
 山号 明静山(大盛寺)
 宗派 天台宗
 創建 不詳
 本尊 薬師如来(大盛寺)
 正式名称 明静山 圓光院 大盛寺
 アクセス 吉祥寺駅から徒歩5分
公式HP 公式ホームページ

住所

交通案内
●吉祥寺駅から徒歩5分
吉祥寺駅の公園口を降りて、丸井の右脇の道を直進。
スターバックスコーヒーの先から井の頭公園へ下り直進して橋を渡り、ボート乗り場も過ぎて対岸へ出たら右折。
そのまま歩道を進むと右手。

●井の頭公園駅から徒歩7分
井の頭公園駅の改札を出たら右に進むと、井の頭の池があります。
その左岸の歩道を道なりに、池に沿って進むと右手。

■通常16時過ぎには閉門いたします。
(お祭りなどはこの限りではありません。大晦日は深夜もお参りできます。)
※付近にコインパーキングなども含め、駐車場はございません。
お車でお越しの際は吉祥寺駅周辺の駐車場のご利用をお勧めします。

公式ホームページより引用

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク