安産・子育ての神様。鬼子母神

恐れ入谷の鬼子母神」という言葉があります。

今の人は知らないでしょうが、「恐れ入りました」を意味するしゃれ言葉です。

東京都台東区の入谷には、鬼子母神を祀っている真源寺がありここからこの言葉は来ています。

上の写真は、東京都豊島区雑司が谷法明寺鬼子母神堂です。

ここの鬼子母神堂は、国の重要文化財に指定されています。(関連記事

鬼子母神は、子授け、安産、子育ての神様として多くの信仰を集めています。

今回は、鬼子母神のルーツを調べてみました。

スポンサーリンク



鬼子母神のルーツ

鬼子母神は、サンスクリット語で「ハーリティー(訶梨帝)」と言います。

ハーリティーは、毘沙門天の部下にして八大夜叉の一人パーンチカ(般闍迦〈はんじゃか〉)の妻です。

この夫婦には、500とも1000ともまた一万とも言われる子供がいたとされています。

そのためハーリティーは、精を付けるためにと人間の子供を食らう羅刹女としてインドの神話に登場しています。

とても子授け、安産、子育ての神様というイメージとは、正反対の存在でした。

子供を食べられ嘆き悲しんでいた親たちは、その惨状を釈尊に訴えました。

そこで釈尊は、ハーリティーが最もかわいがっていた末子を隠してしまいました。

ハーリティーは嘆き悲しみ、世界中を探し回りましたが、末子は見つからず、釈尊の所に助けを求めてやってきました。

釈尊はハーリティーに「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。

ハーリティーは悔い改め、仏教に深く帰依し、釈尊は子供をハーリティーの元へと返しました。

これ以降ハーリティーは仏法の庇護者護法神となり、子授け、安産、子育ての神様、鬼子母神となったのです。

ギリシャ神話などでは、鬼女を退治する英雄神話となりそうですが、仏教の話は悪もまた釈尊に帰依すれば神になれるという話になります。

鬼子母神像

上の写真は、雑司ヶ谷鬼子母神堂境内にある、鬼子母神像です。

ちなみに鬼子母神は、「きしぼじん」ではなく「きしもじん」と読むのが正式です。

でも鬼子母神堂近くの都電荒川線の駅は、「きしぼじんまえ」が正式名称です。

「雑司ケ谷鬼子母神」は、鬼の字の角が有りません。

仏に帰依し、角がなくなり温和なお顔となっていますよね。

鬼子母神とザクロ

鬼子母神に参拝する時は、ザクロと絵馬を奉納するのが習わしになっています。

ザクロは、鬼子母神のシンボルのような存在です。

鬼子母神像は、魔除(まよ)けの果実を手に持って作られていますが、これは一般的にはザクロだとされています。

雑司が谷の鬼子母神像は、合掌しているためザクロは判りません。

ザクロと鬼子母神の関係は諸説あるのですが、いくつかを紹介します

1.罪業説。

鬼子母神が前世で犯した罪を表しているという説。ザクロの実の味は、人肉の味がするといわれているためです。

2.豊穣説

多産だった鬼子母神を、ザクロの実と見立てたため。ザクロは一様で五千もの実がなりますが、この実の多さが鬼子母神の子供の多さとを重ね上げたと考えられています。

3.月経説

ザクロの実は赤く、月経の血の色の象徴とされています。月経との関係から、多産へとつながるという説。

諸説ありますが、中国やギリシャでもザクロは縁起の良いものとされています。

実の多さが、豊穣を表し珍重されたようです。

まとめ

カトマンズのスワヤンブナート

上の写真は、カトマンズ最大寺院スワヤンブナートです。

中央のストゥーパの右側が、鬼子母神堂だと思います。

日本でも、密教の普及により鬼子母神信仰も広まったようです。

鬼子母神が持つ果実の吉祥果(ザクロ)は、魔障を除くと言われています。

ザクロは今ではスーパーフードとしてもてはやされています、ザクロ酢を飲むときフト鬼子母神を思いながら厄除けを願ってみます。

最後までお読みくださいまして有難うごさいます。

ポチっとしてくださると嬉しいです。

↓↓↓↓↓


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク